Home |

シンクタンクフォト

ひさしぶりのカメラバッグネタです。
昨日、カメラバッグについてある問い合わせがあって、
いま思っていることを話していたら物欲がわいてきました。

2005年の誕生時から注目しているのがシンクタンクフォトです。
そのときからずっと購入しようと思っているのですが、
同社のカメラバッグはまだひとつも所有していません。
いつのまにかラインナップもそれなりに充実しています。

プロカメラマン愛用のカメラバッグメーカーはいろいろありますが、
そのいくつかは最近評判を落としているようです。
品質やデザインなどその原因はいろいろ考えられますが、
個人的にはデジタル対応がいまひとつと感じるものばかり。
フィルムカメラとは携行するアクセサリーが異なるからです。

以前は、プロカメラマンに人気のあったメーカーのカメラバッグを
写真学校時代からずっと愛用していたのですが、
デジタル時代に突入してから使い勝手などにもの足りなさを感じ、
ほかのメーカーのものをいろいろ試してみるようになりました。

カメラバッグメーカーのものは最近あまり購入していません。
唯一、気に入ったものがあれば購入しているのがKATAです。
好みが分かれそうなデザインのものも少なくありませんが、
最近登場したものはそうでもなくなってきています。
とはいえ、KATAのラインナップですべてをカバーしきれない感じ。

私の場合、機材量や移動手段、取材先などに応じて
複数のカメラバッグを使い分けています。
ショルダータイプ、リュックタイプ、キャスタータイプなどなど。
それぞれ大中小と3サイズ以上は所有しているのですが、
メーカーはバラバラです。いまはKATAがいちばん多いかな。
取材旅行には2~3種類のカメラバッグを持っていって、
現地で使い分けています。現地で見つけたものを購入することも。

デジタル時代は機材の買い換えサイクルが早めで、
それに関係して撮影スタイルも変化しやすくなっています。
カメラが変わればいま使っているカメラバッグでは満足いかなくなり、
より使い勝手のよい新しいものがすぐにほしくなります。

いまほしいのは機内持ち込みなど移動専用のキャスタータイプと、
国内取材用のショルダータイプのカメラバッグです。
前者はキャスター一体型で(現在愛用のものはキャスター分離型)、
後者はネットブックPCを携行しやすいものを希望。
今回はどちらもシンクタンクフォトにしてみようと思います。
ケーブルや充電器などをまとめて入れるケースもほしいです。


Panasonic LUMIX DMC-G1

Comments are closed.