Home |

アキバでオフ会

すでにこちらで何度も告知している写し屋仲間との
EPSON NEW PHOTO FORUMでのトークセッションですが、
プロセレクションブログ1周年記念感謝オフ会にも参加することになりました。

ただし、このオフ会は抽選で20名様のご招待となっています。
参加希望者はこちらからご応募ください。
応募受付は3月9日(月)の17時までとなっています。

もちろんオフ会も参加無料です。
ご歓談タイムもあるみたいなので楽しく会話しましょう。

EPSON NEW PHOTO FORUM 東京会場
 2009年3月21日(土)、22日(日) 9:00~18:30
 秋葉原UDX(Gallery/シアター)

オフ会は3月21日(土) 19:00~21:00

オフ会の受付フォームの最後の項目に
「どの写真家と話がしてみたいですか?」との質問があります。
これを参考に参加者の偏りをなくすのだと思われますが、
でもこれって、ある意味、人気投票じゃないですか。
「3人の中で岡嶋さんがいちばん少なかったですよ」と言われないように、
抽選で20名様という狭き門ですが、
ダメもとでいいのでぜひチャレンジしてみてください。
そのときは「3) 岡嶋和幸氏」に清き一票を!

さて、本日はカメラ雑誌の発売日です。私は4誌に登場しています。

CAPAでは「EOS 5D Mark IIで撮る熊野古道」と題した
フィールドレポートを担当しています。
先月末の熊野古道トレッキングはこの記事のためだったのです。
トレッキングをしたといっても、結果的に掲載した写真はどれも
車で行ってちょっと歩けば撮影できるものばかりなのでした。

日本カメラでは「春色の光をシュン撮り」という記事に登場しています。
フィルムカメラで撮影した写真が掲載されたのはひさしぶりです。
パナソニックのLUMIX DMC-G1(with老眼ストラップ)でも撮影しています。
次回フィルムカメラで撮影する機会があったらGF670の登場となるでしょう。

デジタルフォトでは特集「写真家10人から表現の仕方を学べ!」などを担当。
この特集は私自身も参考になる内容なのでおすすめです。
前号の特集もよかったけど、今号は間違いなく買い!ですね。
私のページには 「ディングル」のレタッチワークのヒントが隠されています。
ところで、この特集の登場順って、もしかして年齢順?

デジタルカメラマガジンでは「 読者が選ぶベストデジタルカメラ大賞2008 」で
カメ高さん、杉本さんとの座談会に登場しています。
ぶっちゃけ本音トークとなっておりますので楽しめると思います。

Comments are closed.