Home |

Arroz de Marisco

昨日は夕食のあと夜の街を少しだけスナップ撮影していたので
21時に就寝、歩きすぎて疲れたので今朝は3時起床です。
画像整理をしながら本日の撮影の傾向と対策を練っています。
GF1がようやく手になじんできた感じで、そろそろ調子を上げないと。
本日を入れてあと2日間しか撮影できませんが……。

まだまだ写真が作例っぽいというか、男っぽいというか、
でも、「オブリガード」(ありがとう)と言うところを、
「オブリガーダ」(女性の言葉)と言ってしまったりもして、
そろそろ来ているかもしれません……なにが?
ただ、たまに「チェーズーベ」と言いかけたりしたりして、
ポルトガルにいるのにミャンマー気分だったりするわけです。

3日目ともなるとSOYJOYだけでは体がもたないので、
昨日の朝食はコーヒーと一緒に菓子パン&洋菓子をいただきました。
日本でポピュラーなお菓子のルーツはポルトガルだったりするのですが、
これがけっこう美味しいんですよ、けっこう甘いけど。
一番好きなのは「パステル・デ・ナタ」で、これはエッグタルトです。
博多銘菓の「鶏卵そうめん」も、もともとはポルトガルのお菓子なんですね。

昨日はバスで約1時間のところにある「オビドス」という町に行きました。
城壁に囲まれた小さな町で、いつも必ず訪れています。
すごくキレイな町で、何度来ても飽きないです。
ランチはここで、ポルトガル風の牛肉のステーキをいただきました。
クリームソースが絶妙で、すごく美味しかったです。
昼間っから生ビール(大)を2杯もいけてしまうほどです。
ソースにマッシュルームが入っていたらもっと美味しかったかも。
フィンランドの北極圏、ラップランドのサーリセルカというところで
ホテルのレストランで食べたステーキがそんな感じでした。

夜はリスボン旧市街のレストランでシーフードリゾットをいただきました。
こちらでは「アローシュ・デ・マリシュコ」と呼ぶのですが、
エビ、カニ、アサリなどがたくさん入っていて、味も濃厚で美味しかったです。

私のことをよく知る友人たちは「どうやって食べたの?」と思うかもしれません。
殻や皮、骨があるものは、手が汚れるので基本的に食べない主義だからです。
これらを誰かが取り除いてくれて、口に入れるだけなら食べます。
でも、ナイフとフォークだったら問題ないです。お箸だとダメなのです。
手で食べたほうが簡単だよという人もいらっしゃるでしょうが、
とにかく手を汚したくない……ポテトチップスもお箸で食べるくらいですから。

汚くてすみません。でも、ほら、ちゃんと食べられているでしょう?
さすがに私の腕ではカニは無理でしたが、これはダシということで……。
白ワインも美味しかったのですが、1人で1本はさすがに多かったです。

Comments are closed.